つれづれなるままに・・・
内容に関しては 財団法人少林寺拳法連盟 の正式な見解ではありません。 【サイト・オーナーへメールサイト・オーナーへメールする    
■ 考える力
■ 2009年 4月9日

現代の若者と、一昔前の若者をくらべたら、どちらが賢いのか。
ある人は次のように言っている。

「昔の人の方が頭がよかった。ただし、一人で、という条件をつけるなら・・・」

ある課題を出したとき、ネットやケータイで情報を集めることを許可するということなら
現代の人の方が、はるかに短時間で、良い答えを出すらしい。

ただ、この話には二面的な示唆が含まれているような気がする。
すなわち一つは、ネットやケータイを武器につけたほうが良い。
それは外部記憶装置を持つようなものであるということ。

そして、もう一つは、熟考する機会を自らつくらないと
考える力がどんどん低下していくということ。

そして、この「考える力」が、守破離でいうところの
破から離のレベルに、質的変化を起こすうえで、欠かせないものではないだろうか。

考える力って、どうやったら身につくのだろうか?