つれづれなるままに・・・
内容に関しては 財団法人少林寺拳法連盟 の正式な見解ではありません。 【サイト・オーナーへメールサイト・オーナーへメールする    
■ 基本的には先約優先
■ 2009年 6月18日

みんなの取りまとめ役や、幹事をよく引き受ける方は、経験があるかと思いますが、
「いついつの都合を聞かせて」と聞くと、「その時期はまだ、分からない」と返事されたことありませんか。
その時、皆さんはどう感じます。

「まだ、他の予定が入ってないなら、先に入れてブロックしてくれ」
「この人にとっての重要度はその程度か」・・・
私はそんなことを考えてしまいます。
いずれにしても、多くの人はあまり良い印象は受けないのではないでしょうか。

さて、先日、武専でお世話になった先生との飲み会が企画している時のことです。
私達の目の前で、その先生が他の先生から同じ日に、別の飲み会に誘われました。
どうみてもそちらの飲み会のほうが偉い先生方が参加するのですが、その先生はほとんど瞬間的に
「あ〜、その日はダメ」と断ってしまいました。

僕らは驚いて「大丈夫ですか?」と聞くと、
「だってお前らとの約束の方が、先に入っていたではないか。出席者を比べて、断られたらお前ら嫌じゃないか」と言われました。

どちらが自分の得につながるかを天秤に掛けたりせず、先約優先の姿勢を貫くその先生の決断に、
多くの人から愛されるこの先生の魅力の一遍を垣間見た気がしました。