内容に関しては 財団法人少林寺拳法連盟 の正式な見解ではありません。 【サイト・オーナーへメールサイト・オーナーへメールする    
■ 第5部 GUN日記
涙と笑いの体験記
■ 11月22日 酒絶ち
手術の数日前から酒絶ちをしていた。
正確には覚えていないが、入院が11月2日だったので、おそらく11月1日からだったのではないかと思われる。約20日間アルコールを口にしなかった。

最初は、そんなに長い間のアルコール断ちに耐えられるか不安だった。なんせ、毎晩のように大量のアルコールを飲み、もしかしたら自分はアルコール依存症ではないかと疑っていたほどだからだ。でも、案ずるより生むが易しとはこのことで、飲めない環境では、飲まなくてもなんということはなかった。

ここ2,3日解禁して感じたことがある。アルコールは睡眠の質を低下させるということだ。もちろん理屈としては以前から知っていたが、今回の酒絶ちでそれを体感することができた。これからはアルコールを飲む日、飲まない日のメリハリをつけようと思った。