技術、練習方法、教えの実践・・・ 少林寺拳法に関する研究発表の場
内容に関しては 財団法人少林寺拳法連盟 の正式な見解ではありません。 【サイト・オーナーへメールサイト・オーナーへメールする    
■ 如意門拳 (山見)
章へジャンプ→ 如意陣|器受追記(2通目のメールより)

山見さんよりいただいた、如意門に関する貴重な情報です。

■ 如意陣

如意門拳の構えは、如意陣と云って六つあります。
1.立構 2.横構 3.角構 4.八相構 5.流構 6.斜構

上記は拳法教範初版復刻版に載っている名称ですが、1955年度版の拳法教範では下記の名称になっております。
1.八相構
   素手の八相構の後ろ側に如意を持ちます。

2.横構
   中段構の前側の手に如意を持ち、如意を水平にします。

3.角構
   合気構のように前側の手は開手で高めに構え、如意を後側の手で額の高さで水平に持ちます。

4.中段構
   中段構の前側の手に如意を持ちます。

5.下段構
   前側の手に如意を持ち、素手の時と同様に構えます。

6.流構
   如意の両端を両手で持って、腕を下に下ろした構えです。
※その他に金剛陣がありますが、私には分かりません。

■ 器受

【如意】
1.如意上受  2.如意下受  3.如意内受  4.如意打落 
5.如意受流  6.如意返受  7.如意横受  8.如意払受
※尚、如意門拳の受けと素手の握拳の受けとは無関係です。
【錫杖】
1.錫杖上受  2.錫杖横受  3.錫杖受流  4.錫杖払受  5.錫杖下受 
【その他】
1.独鈷打落  2.法輪突受  3.法輪打落 
※法輪と云うのは、金剛杵を3〜4本輪で繋いだようなものです。



以上が手許にある資料からのものです。

法器を扱う如意門拳に関しては、指導者たるものに態々教えるものでは無いとの判断のようです。
「何で町方役人みたいな真似をしなきゃいけないんだ」と、以前開祖が言われておりました。但し、法器は手足の延長で使うものだから、自然に使えるようになるとも言っておられました。

金剛杵に関しては、既に初級の科目表は出来ています。

■ 追記(2通目のメールより)

素手での握拳の受けは屈筋の動きを利用したもので、如意門拳の受けには上受・内受・下受のように伸筋も使っています。又、流受・返受の動きは素手の握拳の受けには無い動きです。

如意門拳の技の運用に関する資料は公式には無いようです。如意門拳は初期の頃は金剛杵や如意や錫杖をやられていたようですが、開祖直伝で修行されたのは上田先生だけのようです。開祖のご配慮で、先輩が練習に来られる前に指導されていたそうです。