技術、練習方法、教えの実践・・・ 少林寺拳法に関する研究発表の場
内容に関しては 財団法人少林寺拳法連盟 の正式な見解ではありません。 【サイト・オーナーへメールサイト・オーナーへメールする    
■ 応援メール (REY)
章へジャンプ→ 1通目のメール|2通目のメール

奈良のREYさんから一風変わった応援メールを頂きました。一風変わった戦術とよく分析されていて、色々と参考になる部分があるかと思い、ご本人の了解を得て研究論文に掲載させていただくことになりました。

■ 1通目のメール

明竜 様
はじめてメール出させていただけます。

私は音楽の仕事をしていて、その中で舞踊・コンテンポラリーダンスetc. とのコラボレーションの機会が多く、身体性や間合い、タイミングなど、数多くのヒントが 武道にあることから古武道をはじめ、武道関係の先生方とも交流させて いただいてます。

で、実は私も 学生時代数年間、少林寺拳法を学んでおりました。(低い段位しか取ってないですが)
幸いなことに当時の先輩方や同期に、他方面の武道・格闘術に進んだ方も含め(大阪府警逮捕術の代表選手など)実戦派(拳士)が身近におられたおかげで、強さを求める者にとっては結構恵まれた環境でした。

でも当時から取得した段位と、実際の実力のギャップに悩む拳士も多く現在も、大半の拳士はそうではないでしょうか。

「e-技術研究会」は、少林寺が好きなのに、(本音は)強くなりたいのに少林寺で強くなるすべがわからない、悩める拳士への 「福音」だと思います。今後も 本部との良好な関係を築きながら、「e-研」の活動・ネットワークが広まって、多くの拳士の稽古・実践の導きになることをお祈りし応援いたします。

REY(奈良市より)

■ 2通目のメール

ここからは、技術的な感想述べさせていただきます(今回剛法に関してですが)。

動画における、明竜さんの腰を落としすぎず体重を偏らせすぎない自然な足構えと動
き、自然体から柔らかくノーモーションで最短距離のコンパクトで、かつウエイトの乗っ
た突き蹴り・・・・・
写真でみる 開祖の動きを彷彿させるものを 感じます。

単演では、一見シャープではなく 地味なんですが、込めたり固めたりしないリラックスした動き(一見手抜きに見える)は打撃とは 見せるためではなく、当ててから効かせるものだと ということを あらわしていると思います。
実際、胴を突けた法形で証明されてますね。

振天二など 突きを受けて蹴りの反撃する法形が、実際に使えるかどうかと、悩んでおられる方もいるようですが、これらは 通常の「後の先」の練習は、距離が詰まった状態でもしっかり蹴ることの練習でしょうね。実際の使い方は 明竜さんが見せておられるような対の先、もしくは先の先でしょう。手の受けを練習する意味は、その際、上段をカバーをする習慣付に活きると思います。



よく、乱捕りで、突きに対して上受けや内受けなどが使えるか?
という疑問が出されますが、私自身の経験では、使ってました・・・・・ただし 相手から仕掛けてきた攻撃には困難です。

自分から相手の懐に入るときに 使えました。この時は相手の攻撃(カウンター)が 限定されているから。

入るときは こちらの攻撃を何にするか決めません。ただ、相手のカウンターの警戒し、防御に徹して入ります。自分の受けの手の下をくぐって相手に入る感じだったりです。

自分の逆突きの間合いが目安です。距離が詰まりすぎたら、受け技の手で、相手を崩します。体勢によって 相手を跳ね上げたり、裏にまわったり(相手を前側に崩す)。
で、打撃を決めます、ズドン!と。柔らい打ち落としの要領で転がすことも。
逆突きのつもりで入るので、仮に 相手が下がっても、ちょうど蹴り込みに良い距離です、ドカン!と。
演武の連反攻が体に入ってると逃げる相手も しとめられます。

スムースにスルっと入れると、相手はカウンターも打てません。
その時は結果的に「攻撃線をはずす」が出来てたのでしょうか?

用いる突き蹴りは 法形の守者の反撃用のコンパクトな打撃です。

もっぱら 双方攻撃可能の乱捕りをしてて、私から相手に積極的に間合いに入る戦法でしたが少林寺のコンセプトからはそう離れてないように思います。

わざと隙を作って相手の攻撃を誘うより、ある意味ずっと安全な戦法だと思います。

で、それでも、入れそうになかったら明らかにかなわない相手なんで、距離を開け、逃げに徹します。なまじやり返そうとか思わなかったら、たいてい 逃げとうせます。
少林寺の乱捕りには判定負けって無かったし。

が、それでも すごいひとには、間合い余裕持ってはずしてるはずなのに、いつの間にか懐にはいられました。私の師匠もそうでした。どこか意識の隙間に入って来られた感じです。

こういった 発見や実験は学生時代の、よく動ける時ではなく、(若いときは私も演武は少林寺、乱捕りフルコン風のダブルスタンダードでした・・・)割と歳とって体力・バネ・スタミナが落ちからのことでした。



いきなりの 長いメールに付き合っていただきありがとうございました。
本当に 「e-研」 応援しております!

REY(奈良市より)